ジョン・ヨンデ先生の賛美 | 전용대 / 주여!이죄인이

▶︎ マダムの福音書

NCM2隊長が当ブログで紹介されていたジョン・ヨンデ牧師様の賛美楽曲(韓国語)を拝聴し感動いたしました。歌詞の内容をNCM2の新メンバー、イ・ジュンソクさんに口頭で日本語に訳して頂きました。この楽曲がなぜ多くの韓国のクリスチャンの心をとらえ、皆様が感動の涙を流されるのかを知りたかったからです。
NCM2_Pastor Jun Yong Dae
「主よ、こんな罪深い私を許して下さいますか?」で始まるこの賛美はジョン先生の歌声とともにイエス・キリスト様が語りかけ、たとえ言葉が解らなくても、この私に深い感動を与え、涙が自然に湧き出てきました。
ジョン先生は、これまで800万枚のCDを売り上げたとか、昨年はカーネギーホールでコンサートをされた等、華やかな経歴を伺っていたのでどんな方かと思いましたが、とても謙遜で、優しい笑顔の気さくな方でした。
この曲の歌詞の中には「たくさんの人によい事をしたけれど、自分が苦しい時には誰も顧みてくれなかった。でもイエス・キリストは私を慰めて下さった」と言うような箇所があるそうです。
ジュンソクさんから、この賛美はジョン先生ご自身のお証しだと話していました。また、多くの人がこのジョン先生の賛美を聴き、これまで沢山の人の心身の病が癒されたと言う実話もジュンソク兄から伺いました。

 ところが、取税人は遠くはなれて立ち、目を天にむけようともしないで、胸を打ちながら言った、「神様、罪人のわたしをおゆるしください」と。ルカによる福音書18:13

ジョン・ヨンデ牧師様がこの賛美を日本語でお歌いになり、日本人に語りかけて下さるその日を待ち望みます。
マダム


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。