パサデナのフレンチレストラン "Masion Akira"

▶︎ マダムの福音書

Maison Akira 1
25年以上も私が通っている歯医者さんのデンタル・ハイジニイスト(歯科衛生士)Joanさんは二世の日系アメリカ人。
よく日本に行かれるので、いつも日本の話に盛り上がります。その彼女のご主人のお店がパサデナ(Pasadena)にあるフレンチレストラン“Masion Akira"です。
以前から行きたい行きたいと思っていたのですが、なかなか行けませんでした。ところが、今月の私の誕生日に、Joanさんが私と娘を念願の“Masion Akira"へご招待して下さいました。
レストランは、落ち着いた大人の雰囲気の素敵なパサデナの街にあります。このレストランのオーナーシェフのAkiraさんはフランスで8年も修行をされたそうで、フランスで過ごされた当時のお話も伺う事ができました。
今のようにインターネットや無料の国際電話ができるような時代でない頃の8年間のフランスでの生活は、時として本当に自分の弱さを覚えたそうです。NCM2が毎年奉仕させて頂いている”命の電話クリスマス・チャリテイーコンサート”の話をさせていただいたら、命の電話のような働きは、外国に住む日本人にとって、とても大切な事だと仰っていました。
京都でレストランをオープンしていた事もあるAkiraさんのお料理は、日本の味覚を取り入れた本格派フランス料理です。
スープ、サラダ、パテ、味噌風味のチリアンシーバス (Chilean sea bass) 、わさびを使ったマッシュポテト、北海道の帆立貝、クラブのフラン、それに茶碗蒸しなど一つ一つのお料理の味に深みがあり、一流のシェフのお料理を堪能いたしました。
Maison Akira 2
最後に出て来た、デザートがあまりに美しくて、しばし食べる事ができません。飴細工を施したアイスクリームと果物のコンビネーションは私の大好物。娘が食べたグランマニエーのスフレもとても美味しかったです。美味しいもの食べると、幸せになりますね。
Maison Akira 3
Akiraさん、Joanさん、本当にありがとうございました。
Maison Akira 4
「それは日の下では、人にとって、食い、飲み、楽しむよりほかに良い事はないからである。これこそは日の下で、神が賜った命の日の間、その勤労によってその身に伴うものである。伝道の書8:15」
マダム
Masion Akira
www.maisonakira.net/
713 E Green St, Pasadena, CA 91101
Phone:(626) 796-9501



にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。