アダムとエバの責任転嫁〜 最高の環境で起った問題の原因に向き合う。

▶︎ とし子の青空

SAN DIEGO JAPANESE CHRISTIAN CHURCH

私が所属するサンディエゴ日本人教会では月に一度“お持ちかえり”と名づけるとてもユニークで自由なバイブルスタディーの学びの時間があります。今日学んだ礼拝の聖書のメッセージの箇所を質問形式で要約され「お持ち帰り」と印刷されたテキストにまとめられています。

礼拝後各自は自由にグループに分かれ、場所は好きな場所で、グループの皆さんとデスカッション形式でこの「お持ちかえり」を学びます。自由な場所ですから、たとえば教会の各小部屋や、大きなルームでは、あちらの片隅、こちらの一角、そしてスターバックス・コーヒーなど、好きな場所を選ぶことが出来ます。

今日学んだ箇所は創世記1章から、「アダムとエバの問題の原因を突き止める」の主題で・・、1)問題は最高の環境で起った。2)問題の原因に向き合う。でした。

アダムもエバも責任を転嫁しています。「禁断の木の実」を食べたのはアダムは、あなた(神)が私に与えてくれたこの女がと、神のせいにし、そして、この女エバのせいにしました。エバは蛇のせいにしました。互いに他のせいにし、自分の責任を転嫁しています。

わたしたちのグループ7人でのデスカッションでは、教会の大きな部屋の一角で致しました。「お持ちかえり」のペーパーをみながら、それぞれのライフスタイル(日常)に見合った自由な話し合いをしました。

アダムもエバの責任転嫁のようなことは日常の生活の中でも起りうることであり、私もちょっと気付かないで責任を転嫁していることがあります。

特に現代の世の中では、色々な問題の中、原因が「ごめんなさい」と一言いえないために、解決が出来ない場合も起ります。それを見ると私達はアダムとエバの血を受け継いでいるものだなぁ〜と納得します。だから問題が起るのですね。

まず、自分の心を見つめ、原因を神様の光に当ててみる。それは自分の心の問題かも知れません。主の前に祈り、主の導きを頂き、解決の道を探し求めます。必ず解決の道が与えられ、和解する事が出来、心の平安が得られると信じます。

楽しいデスカッションの中に、心を探られる厳しい神様の愛の学びに感謝しました。

とし子





にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。


▶︎ とし子の青空

Posted by SANBI.us