イースターがもうすぐそこに―今も、よみがえった主が生きて共にいる

▶︎ 命の水の泉から


4月1日、カレンダーをめくりました。いつもは予定表がついているカレンダーなのでめくった後、いろいろスケジュールを書き入れます。
ところが、今回は書き入れることが何もないのです。ドクターの予約や教会、お稽古事も何もありません。コロナウイルス蔓延のためにすべてキャンセルです。
「嗚呼」と思ったとき、カレンダーの絵を見ました。「resurrection(復活)」。そうでした。12日はイースター。私達にはよみがえりの主がいる。感謝です。

あと一つのカレンダーをめくりました。これは詩篇からのカレンダーなので詩篇34:4が書かれています。
「わたしが主にもとめたとき、主は私に答え、すべての恐れからわたしを助け出された」
そうでした。私たちは恐れることはないのです。
「主はいきておられる」の歌詞が浮かんできました。
竹下弘美


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。