聖霊のサーモスタット

▶︎ 隊長ジャーナル

敬愛するジェリー・テイラー博士 (Dr. Jerry Taylor)が「なぜ善良な人々に悪い事が起こるのか?("Why do Bad Things Happen to Good People?")」と題してメッセージを反芻していました。

メッセージの中で「クリスチャンが苦難に遭った時、不安になったり、恐れたり、怒ったり、自分を取り巻く環境や状況で自分の感情(心)が左右されてしまう自己のサーモスタットから、聖霊のサーモスタットですべてをコントロールして頂きましょう」と語られていました。

サーモスタット (Thermostat) は温度を調整するための装置であり、温度を一定範囲内に保つため動作するスイッチを含む自動温度調節機構(世界大百科事典 第2版)とありましたが、ボクは「聖霊のサーモスタット」の意味がイマイチ理解出来ていませんでした。

「聖霊、サーモスタット」でググってみたら、敬愛する中尾邦三牧師(ノーステキサス日本語バプテスト教会主任牧師)のメッセージサイト「enguin Clubで」に聖霊の七つの賜物 — イザヤ11:1-5 – P、聖霊とサーモスタットの記述を発見。拝読して、明確な答えを得る事が出来ました。

私たちは誰しも、嫌なことが起これば不機嫌になります。プレッシャーがかかると逃げ出したくなります。失敗すると落胆してしまいます。それは、サーモメーターのような生き方です。サーモメーターは、その時々の気温に反応するだけです。しかし、サーモスタットは、気温が上がれば冷房のスイッチを入れ、気温を下げます。気温が下がれば、暖房のスイッチを入れて気温を上げるのです。環境に支配されるのでなく、環境を変えていくのです。

神は、私たちに、サーモメーターのように、まわりのものに振り回される生き方ではなく、サーモスタットのように、まわりを変えていく生き方を望んでおられます。そして、そうすることができるようにと、神は聖霊をくださったのです。私たちのサーモスタットは時々故障することがあります。

まわりを温めなければならないときに冷たい風を送ったり、まわりを落ち着かせなければならないのに、火に油を注ぐようなことをしてしまうこともあります。そうならないよう、私たちのサーモスタットを、真に人を変え、状況を変えることがおできになる聖霊にしっかりとつなげていきたいと思います。【聖霊の七つの賜物 — イザヤ11:1-5 – Penguin Club 】

長引くコロナ禍に在って、サーモメーターのように、まわりのものに振り回される生き方ではなく、石地(イエス・キリスト様)を礎とし、聖霊様のサーモスタットによって自分自身の感情や思い煩いを主に委ねます。

イエス様にコントロールして頂くクリスチャンライフの大切さをテイラー博士、中尾邦三牧師を通して神様から教えて頂きました。

NCM2隊長


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。