あなたは決して1人ではない〜私の教会で行われている事

▶︎ マダムの福音書

カリフォルニア州に住んでいる私は、コロナ禍で2度めのロックダウンの中にいます。5月末に色々な店やレストラン、モール、ジムなどがオープンした矢先に、BLMのプロテストが勃発、多くの人々が一斉に街中に出始めた2週間後、新型コロナウィルス感染者と死者が爆発的に増え始めました。

教会も気をつけながらそろそろ礼拝を再開しようとしていた矢先の感染増大。私の所属している"Shepherd Church"は、15,000人以上のメンバーのメガチャーチですから、新型コロナ前のよう3500人収容のサンクチュアリー(教会堂)での礼拝はできません。

なので教会はオンライを上手に駆使して様々な伝道活動がなされています。毎週l教会から何通ものメールが活動の情報が送られてきますが、今日教会から届いたメールには下記の事が書かれていました。

あなたは決して1人ではない〜私の教会で行われている事

オンライン礼拝:政府の指示どおり10名以内で収録された賛美チームの賛美と、牧師のメッセージが映画館の画質にも匹敵するHD画像と最高の音質と音響で編集された映像でを毎週土曜日と日曜日の礼拝時間に流して、今までと変わらない礼拝を家でする事ができます。

オンライン聖餐式:この礼拝には自分で用意した聖餐式の道具で聖餐式をする時間も何分か入っています。その間映像には聖書の御言葉と賛美が流れています。そして、この映像はいつもの礼拝の時間だけで無く毎日午後7時から配信されているので、いつでも自由に礼拝できるシステムになっています。アウトラインの用紙も事前にプリントアウトしておく事もできます。

ズームライフグループ集会:ライフグループとは、各地区で行われているスモールグループの聖書研究、祈り、サポートのグループです。集まれない今、ズームで集会が行われています。チャットで牧師先生と信仰、メンタルヘルス、人間関係、その他の質疑応答が可能で、設定されている時間にログインすれば、誰でも参加できます。

お家で賛美:毎週教会員の誰かが、自宅で賛美している動画を流しています。ほとんどがプロの一流ミュージシャンです。家で収録した映像はコンサートやライブハウスと違い、家庭的で親近感を感じます。

ドライブ・スルー・ミーティング:面白いなと思ったのはビンテージ(65+)グループ ドライブスルーミーティングと言うものです。アーメンクワイヤーのメンバーも沢山参加しているこのシニアグループですが、各自、車で教会のパーキングに集まり、車に乗って安全な状態で、交わりの時を持つと言う集会です。懐かしいあの人この人の顔を見て、手を振るだけでも、家でポツーンと時間を持て余している方々には、楽しいイベントでしょう。教会員がお楽しみ袋も用意して、来た人に渡されるとも書いてありました。祈りをいっぱい込められた袋だそうです。楽しみですね!

古い物を脱ぎ捨てて、新しい上着を着る時

そして、そのメールに書かれていたとっても大切な言葉は『あなたは決して1人ではない!』と言うメッセージでした。

コロナ禍で今までとは全く違う世界を味わっている私たちですが、多くの人々が同じように口にしているのは、これからの世界は色々な事が変わると言う事です。そして、教会でさえも何千年も続けられてきた礼拝のスタイルがこんなにも変わってきてしまいました。私たちは新たなチャプターに入ろうとしているのです。エジプトでの400年以上の生活から新しいカナンの地に入ったイスラエル人のように、古い物を脱ぎ捨てて、新しい上着を着る時なのです。

苦しい事ばかりに頭が働いていた私ですが、新しい世界ってどんな物だろう?と言うワクワクするような期待感が湧いてきました。見れる者なら見てみたい!と思う世界がもう直ぐやってきます。

ぼやぼやしていられません。今は見えないけれど、やがてやってくる世界。教会から来たメールで、そんな予感を感じて、神様の次の計画の世界を考え、祈りを捧げる朝となりました。

マダム(a.k.a.マツオユリ)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いします。