▶︎ 命の水の泉から

9月6日、Stand Women’s Conferenceという女性のクリスチャングループのミニリトリートが日本からゴスペルシンガーの神山みささんをゲストにお招きして開かれました。
このグループは、2014年に南カリ

▶︎ 主を思う・・

なぜか、人は祈ります。

別に神さまを信じていなくとも、切羽つまると祈ります。ある友人が「自分は、困った時の神だのみのクリスチャンだ」と言っていました。困らなければ、祈らないし、困らなければ祈る必要がないというわけです。人は、生まれながら ...

▶︎ マダムの福音書

去る6月3日(日)は、敬愛します久山泰彦リチャード牧師の引退礼拝に参列、NCM2が特別賛美を捧げました。
久山先生とは長い間「命の電話・クリスマスチャリテイーコンサート」や、バザー、講演会などの奉仕活動を共に働かせて

▶︎ とし子の青空

「主はわたしを生れ出た時から召し、母の胎を出た時からわが名を語り告げられた。」イザヤ49:1

トムさん今日は結婚39年の記念日よと言いながら、朝食は何を作りましょうか?と聞くと、ああ、そうか、と言いながら、ブランチに行こう ...

▶︎ とし子の青空

甥ジョセフがマサチューセッツからアンクル・トム(主人)に会いに来ました。主人はジョセフが幼い時からとても可愛がっていて(と言っても御年多分60才位)この2週間ほど主人は毎日彼をドライブに連れ出して二人でエンジョイしています。そして今朝 ...

▶︎ 命の水の泉から

夫が現役時代親しくしていた55歳の方が自動車にはねられました。彼は通勤の朝、電車から降りて自転車をもって横断歩道を渡っていた時、23歳の若いベンツを運転していた青年にはねられ、脳がやられたのだそうです。サンフランシスコ郊外で

▶︎ マダムの福音書

菜の花畠に、入り日薄れ
見わたす山の端 かすみ深し
春風そよ吹く、空を見れば
夕月かかりて、にほひあはし

【試聴】 朧(おぼろ)月夜

演奏: NCM2 CHOIR (リード・ヴォーカル:久米

▶︎ とし子の青空

主人はアイリシュ系のアメリカ人で、彼はセントパトリックスデーのこの日をとても大切に思っていて、何時も祈りもってお祝いしています。

セントパトリックスデーとは、パトリック宣教師がクリスチャニティーをアイルランドへ伝道した日で ...

▶︎ とし子の青空

去る2月14日(水)はセント・バレンバインデーで、ちょうど同じ日が私達クリスチャンにはとても大切なイエス様の受難のシーズンに入る水曜日でした。

教会から帰った主人もですが、店などへ行くとセールスの方々も、おでこに十字の灰を ...

▶︎ マダムの福音書

サルベーション・マウンテン(Salvation Mountain)に行って来ました。
2014年、私の娘の友人でアメリカの著名ブロガー、ガーデン・ベティ(Garden Betty) のブログで、サルベーション・マウン